テクノロジーを
推進力に、
プラットフォームで
舵を切る。 世界の海をデータで繋ぎ一つの海に。

Close

01プラットフォーム

海事産業向けプラットフォームとして、業務用システムから自律航行船システムまで、あらゆる機能を実装することが出来ます。また、Aiseaを搭載した船舶やシステムとの連携が出来さらに、蓄積されたデータの活用が可能となるため、解析分析への応用やAiによる予測モデルの生成など、デジタルトランスフォーメーションを強力に後押し致します。

CaseStudy

Developer

千葉 福太朗

ミッションクリティカルなシステムが稼働しているAiseaには、高いSLA(可用性)が求められます。AI・IoT・Cloudなど最先端の技術は、繊細な要素も多分にあるため、熟知した上で実用することが必須です。安定性と安全性を最大限考慮しながら、使いやすさを損なわないバランスの取れたプラットフォーム開発に注力しています。

千葉 福太朗
CTO

豊富な経験と幅広い専門知識を有するフルスタックエンジニア。Aiseaの基本設計者。

サイトウ ユウスケ
Close

02自律航行船

自律航行船(無人化)とは、船長や操舵士があらゆる情報から、状況の把握と今後を予測し、操船を判断していた作業を、システムに置き換えることです。
PlatformとAgentUnitで構成されたAiseaは、船舶の自律化に必要なシステムのベースとして機能致します。

Developer

自律航行船はデータによって全てを把握しています。例えば陸地を海と思わせるような偽のデータを送り込むによって、船を岸に衝突させることが可能です。データの真正性(データが本当のものであるか)を確保する高度な情報セキュリティ対策をし、安全な航行を実現します。

Y.S.
Ai/自律航行/業務システム

数学を専攻。AIやSecurityに精通し、衝突防止などの複雑な処理が必要なシステムを担当。

Close

03航海計器アプリ

業務船や大型船が搭載する航海計器は価格が高価なため、今までは小型船への導入はハードルが高いものでした。Aiseaはこれら航海機器が提供するデータや機能をモバイルのアプリに集約し、小型船舶においても大型船と同様に安全な航行に必要な自船と他船の動静状況の把握、衝突の危険を知らせるアラーム、無線機能などを提供、安心、安全な航行の実現に貢献します。

CaseStudy

Developer

松下 圭克

Aiseaにより様々な海況データを集約できる一方、小型デバイスは画面の大きさの制限があります。安心して小型船舶を操船する上で本当に必要な情報を見極め、地図表示と動静情報を画面内で両立させるため、車のダッシュボードのデザインパターンを操船用に最適化しました。

松下 圭克
UI・UX、インタフェース

米国でデザイン理論を学び、ナショナルクライアントを中心としたソリューションに精通。

Close

04船舶管理システム

システムによる船舶の運航管理は、資金力のある一部の大企業だけで実用されていました。弊社は業界共通基盤(システム)を開発し、基本機能として大勢のユーザに利用して頂くことで、導入の敷居を下げまた、各社の発想により生まれた機能はオプションとして他社が使えるようにすることで、開発費を抑えることを可能にしました。

CaseStudy

Developer

K.S.

船の位置情報をMapに表示するには大量のデータを扱います。大量なデータをWebブラウザで扱うと当然パフォーマンスとメモリリークが問題が発生していました。そこで私たちは現在ユーザーが見ている箇所を中心に、QuadKey方式で近傍の船情報を検索してその箇所のGeoJsonを作成することで表示データ量を減らしパフォーマンスとメモリリーク対策を行いました。

K.S.
WEB/通信

フルスタックエンジニアであり、多くの資格を保有する。WEB、API、AISハードを担当。

Close

05エージェントユニット

優れたシステムがあっても、船舶をデジタルの世界へ繋げなければ意味を成しません。エージェントユニットは、船舶をプラットフォームへ接続させるための装置です。従来の舶用機器やエンジンやセンサーなど、船のあらゆる電子機器と接続可能なだけでなく、制御なども可能となります。双方向通信とエッジコンピューティングを兼ね備えた、次世代のVDRとも言えます。

Developer

山口 健一

プラットフォームへの接続には通信キャリア(携帯や衛星など)を使うため、効率の良い通信と、通信断であっても一定の性能で機能し続けることが求められます。また、あらゆる機器との接続とデータ処理を可能にするため、汎用性と拡張性を意識した開発に注力しています。

K.Y.
IoT/電子機器、プログラミング

電子回路の知識を有し、ISO7階層すべてに造詣がある。IoTデバイス設計担当。

AI + IoT + Cloud = Platformer

高度なIT技術と業界知識を有するメンバーで構成されたアイディア株式会社は、
海事産業のプラットフォーマーとしてテクノロジーで貢献致します。

あらゆるシステムを
実装し船とリンクする。

システムの開発と連携が容易になる

業界が共通で使える「基本機能」が実装されているため、開発コストを最小化し、効率よく、高機能なシステムの開発が可能です。また、プラットフォームで実装された他のシステムと連携が容易になるため、データ活用の可能性が飛躍します。

船のモビリティ化が容易に

大型船や作業船等にAgent Unitを搭載するだけで、小型船舶はスマホアプリを使う事でAiseaと簡単に繋がります。Agent Unitは次世代のVDRとも言えます。

News

Company

Aidea 事業所

〒151-0053
東京都渋谷区代々木1丁目30-14
天翔オフィス 代々木 ANNEX 213

アクセス方法

JR山手線・総武線「代々木駅」西口より徒歩2分
都営大江戸線「代々木駅」A1出口より徒歩2分
小田急小田原線「南新宿駅」徒歩5分