総額2.4億円の資金調達と、資本業務提携を実施

当社が提供する船舶の安全な自律航行を実現可能にする海洋プラットフォーム「Aisea(アイシア)」の事業拡大を目的に、スパークス・グループ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:阿部修平、以下「スパークス」)が運営する未来創生2号ファンドと、みずほキャピタル株式会社(本社:東京都千代田、代表取締役社長:大町祐輔、以下「みずほキャピタル」)が運営するみずほ成長支援第3号投資事業有限責任組合らから第三者割当増資による総額2.4億円の資金調達を実施したことを発表します。
 また今後の海事産業のデジタルトランスフォーメーションを見据え、東京海上日動火災保険株式会社(本社:東京都千代田区、取締役社長:広瀬 伸一、以下「東京海上日動火災保険」)と資本業務提携し、Aisea(アイシア)を組み込んだ新たな保険商品・サービスを開発することを発表します。

pr20200406

【経緯と今後の展開】
 当社は2017年の創業以降、世界中の船舶を対象に船舶管制システムの開発・運用を行い、2019年7月には、船舶事故の防止や操船時の安全確保を目的に海洋プラットフォーム「Aisea(アイシア)」の提供を開始しました。
 現在は内航船(国内を航行する船舶)を中心に船舶の事故防止に加えて、業務効率や人材不足の解消を目的に導入を進めており、今後も海事産業全体への導入が予想されます。
 そのような状況の中、当社は、スパークスが運営する未来創生2号ファンドと、みずほキャピタルが運営するみずほ成長支援第3号投資事業有限責任組合らから第三者割当増資による総額2.4億円の資金調達を実施しAiseaの開発体制強化と営業体制強化を図るとともに、東京海上日動火災保険と資本業務提携し、Aiseaを組み込んだ新たな保険商品・サービスを開発するなど、2025年度の自動運行船実用化※を視野に入れ、海上プラットフォームの確立を加速します。
※平成30年6月1日 交通政策審議会海事分科会海事イノベーション部会:自動運航船の実用化に向けたロードマップ
http://www.mlit.go.jp/common/001237409.pdf

【東京海上日動火災保険との資本業務提携について】
 東京海上日動火災保険は昨年7月に当社主導で発足したコンソーシアムMTIC ( Maritime Technology Innovation Consortium )に参画し、「海洋システムのプラットフォーム」や「自律運航」における船舶の安全・安心確保をテーマに、船舶の快適な航行、船舶における保険事業、IoT技術の活用等、新たな取り組みについて検討してきましたが、海事産業のデジタル化を推進する上では従来の枠組みを超えた新たな保険商品・サービスの開発を具体的に進めていくことが不可欠と考え、今回の資本業務提携に至りました。

《 海洋プラットフォームカンパニーのアイディア株式会社 》

アイディア社の船舶動静共有航行支援システムであるAisea(アイシア)は、スマートフォン、タブレットのアプリで船舶情報の把握、 同アプリを利用している端末同士で位置情報の共有や通話を可能とし、衝突危険通報なども兼ね備えております。 従来のAIS設置、無線機設置等を簡略化し、 スマートデバイスを利用しながら安全性と海上業務の利便性を向上していきます。

アイディア株式会社 会社概要
会社名 アイディア株式会社
ホームページ https://aidea.biz
代表取締役 下川部 知洋
本社所在地 東京都渋谷区代々木1丁目30-14 天翔オフィス 代々木ANNEX 213
資本金 4億2000万円 (資本準備金含む)
メールアドレス press@aidea.biz
事業内容 世界中の船舶を対象にした船舶管制システムの開発・運用サービスを行う

本リリースに関するお問い合わせ先
メール:press@aidea.biz

PAGE TOP